« 【長期ボランティア通信2】仮設住宅ポスティング | トップページ | 東松島元気フェスタに参加して* »

2011年8月27日 (土)

【長期ボランティア通信3*】お茶会

 

おはようございます!

 

さおりです。

 

さーやです。

 

2人合わせてさおーやです^^

 

82526日と、ポスティングをしたお茶会に参加してきました!

 

主に女性の参加が多く、「昼間家にいてもやることがない」「家にいても寝ているだけだよ」という声も多く聞かれました。

 

お茶会中は終始賑わっており、両日とも100人規模の大盛況!もと住んでいた地区が一緒だったりという共通点を見つけて新しいつながりのできているところもあるようでした。

 

お茶会中、津波が来たときや、避難先でのことを話してくださる方がたくさんいらっしゃいました。体験された方からのお話しは本当にリアルで、実際にこの地で起こったということが信じられない気持ちでした。ある男性は、震災後時間がたった今のほうが思い返すと怖くなる、と津波に飲まれて命からがら助かったお話しをしてくださいました。避難していた先が津波に飲まれて、塩水につかった体で一晩中寒さに震えながらすごしたお話をしてくださった女性もいらっしゃいました。

 

 どんなに明るく元気に過ごされている方でも、よく話をうかがってみると、津波が来たときの恐怖体験やご家族を失った哀しみ、今後の不安など、なにかをそれぞれに抱えながら生活されていることを感じました。また、1人で仮設住宅に入り生活されている方も多く、「さみしい」という声を多く聞きました。午前・午後と合わせていらっしゃる方も多く、無機質な仮設住宅で1人暮らしをされている方は本当に寂しい思いをされていることと思います。

 

 仮設住宅の住みにくさを指摘されている方もいました。お風呂は湯船の高さが高く、入るのに一苦労してしまうそうです。また、車の出入りが多く、住宅が密集しているため、周りに迷惑をかけず子どもたちが安心して遊べる場所が少ないといお話もうかがいました。これから冬に向かい寒くなってくる中で暖房機能に不安を覚えている方もいらっしゃいました。

 

 「またやってね」と声をかけていただいたのがすごく印象的でした。お茶を飲みながら人とお話をすることをこんなに喜んで集まって下さる方が多いことに最初はとても驚きましたが、みなさんのお話を聞くと納得でした。震災で怖い思い、つらい思いをされた方が今も寂しさや不安を抱えながらすごしていらっしゃることに胸が痛みました。

 

 今後もお茶会は継続されていくそうです♪これからも集会所でのイベントで多くの人が心安らげる時間をすごすことができればよいなあと思います^^*CFFでもそんなイベントにこれからも積極的にかかわって、つくっていけたらよいですよね♪

 

 CFF長期ボランティア

 

 鈴木 沙彩・小野 沙織

 

 

 

|

« 【長期ボランティア通信2】仮設住宅ポスティング | トップページ | 東松島元気フェスタに参加して* »

長期ボランティア活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492557/41376241

この記事へのトラックバック一覧です: 【長期ボランティア通信3*】お茶会:

« 【長期ボランティア通信2】仮設住宅ポスティング | トップページ | 東松島元気フェスタに参加して* »