« 長期ボランティアのご挨拶* | トップページ | 【長期ボランティア通信*】活動開始! »

2011年8月22日 (月)

長期ボランティアを終えて。

 

こんにちわ!
あき(pst17,pst18L)@東松島です。
一昨日行われた、元気フェスタのお手伝いとして来ています。
今回が3回目。
初めて東松島を訪れたのは7月のはじめ。
長期ボランティアとして活動させていただきました。

 

その時からとってもとっても間があいてしまったのですが…
この長期ボランティアとして7/5-7/18まで
東松島ボランティアセンターで活動させていただいた報告を!しようと思います!

 

ボランティアセンターでは主に…
受付と、毎日何百人とくるボランティアさんたちのデータを入力し
名簿を作成するという活動をしていました。
また、本部に人が足りている時には現場にも行き、
ボランティアさんたちをサポートしつつ、一緒に混ざって泥かきもしました。

 

ボランティアセンターのスタッフは、沖縄、関西、関東と、全国から集まり、
わたしともう1人の子だけが学生でその他はみんな大人の方々。
大学やCFFで同世代の子たちとしか活動したことのなかった私にとって、
とても新鮮な事ばかりで、たくさん勉強させていただきました。

 

ここまでボランティア、ボランティア連発している私ですが…
“ボランティア”という言葉はあまり好きではありません。
東松島に来る前、宮城に行ってくると周りに言うと
「ボランティア?!偉いね~」
と、ほとんどの人が口をそろえて私に言いました。
全然偉いことなんかしてない。
現地に行くことだけが被災地支援のすべてじゃない。
ボランティア=偉い事という感覚があるということ、
そしてなにより、もうみんなの心の中では
この震災が遠い存在になってるんじゃないかと感じ、
とても悲しかったです。

 

ですが、ボランティアセンターに全国から本当にたくさんの
支援物資が届いているのを見るたび、
こんなに多くの人に支えられているんだと感じさせられ
私自身、とても励まされました。

 

ボランティアを支えるボランティアがいて、
その人たちを更に陰で支える人たちがいる。
本当に色んな場面でそれを感じました。

 

携わりかたさ人それぞれでいいと思います。
ここで感じたことを東京で伝えたいき、少しでも多くの人が
まだ終わっていないんだと、この震災の事を考える
きっかけとなれたらと思います。

 

人ごとじゃない。
これからも東松島の方々と共に歩んでいきたいです。

 

長々と読んでくださりありがとうございました!

 

でわ!また!

 

伊藤亜樹

 

 

 

|

« 長期ボランティアのご挨拶* | トップページ | 【長期ボランティア通信*】活動開始! »

長期ボランティア活動報告」カテゴリの記事

コメント

8/21(sun) PM2:00頃、経堂駅の交番の前で障害ある方が吐いていました。
警察も誰も声をかけません。震災でみんな助け合おうと言ってるのに、目の前にいる困ってる人に声をかけられないのは、なんでですか?
私は水とティッシュを買ってその方にあげました。その方の心を暖められてよかったって思ったんですが、その後に沸々とわき上がる怒り。歩いてる人、誰一人声をかけない。まあ、そこは皆さん忙しいからだろう。
でも『警察は何やっとんねん!!』
人の税金でなにやっとんねん!!

私は交番に行って
私『あの人がさっきソコで吐いてたじゃないですか?』
警察『え、そうなんですか』私(Mother Fucker)
私『そうなんですけど、とりあえず今は落ち着いてるから、見てて貰って良いですか?』
警察、行こうとする。
私『いかんでいい!!びっくりするやろ?なんかあったら行ってくれたらいいから、今は見守ってて』
警察『ところで、あの方とどういう関係ですか?』

私『関係?関係なんてないやろ』
、、、アホちゃうかーーーー!!!マザーファッカーーーーアホにも程があるやろーーー!!
関係?!
人間関係かい?
日本関係ですかねー。
地球にすんでるから?
関係は『人』
なんなんやねん!!

その警察、若い兄ちゃんやったんやけど、おっさん警察もおった。
おっさん警察が率先して手本になるようなことやらんから、こんなとんちんかんな若者になってまうんやろう。
日本の将来はやばい。

あん時いっぱい人が歩いてた。
震災の為に募金したりボランティアしたりした人も沢山おるやろ。
なのに、なんで吐いてる障害の方は無視すんねん。
エホバとか創価学会とかキリスト教とか仏教とかイスラム教とか幸福の科学とかそんなんやっとる人も沢山おったやろ。

なんや、あれは体裁上そうやっとるだけなんかって、かなり悔しく思った。
腹立たしくなった。きれい事言ってるだけかよ。

私は、募金もほとんどしなかった。結構かつかつな生活をしているから。
ボランティアもやってない。
けれど、目の前にいる困った人は助けられる。確実に。なのに、やろうとする人、いなかった。
たった260円だった。
でも、障害の方もありがとーって言ってたし、そのお父さんも、息子にですか?すいません、ありがとうございますって言ってた。

金貰って仕事しているにもかかわらず無視した警察はなんなんやねん。日々くだらない取り調べばっかやってて、肝心な事は気付かないんじゃ、まじで、いらない。
宗教もいらない。

人としてしっかりと生きないと。津波で亡くなった人達の命を無駄にしてるのと一緒だ。
いくら募金しても、ボランティアしても、目の前にいる人を助けられんのなら、全く意味無い。

投稿: 安部美紀 | 2011年8月23日 (火) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492557/41319178

この記事へのトラックバック一覧です: 長期ボランティアを終えて。:

« 長期ボランティアのご挨拶* | トップページ | 【長期ボランティア通信*】活動開始! »