« 17陣活動報告☆ | トップページ | よこはま国際フェスタ »

2011年10月17日 (月)

グローバルフェスタ(10/1~2)の報告

こんにちは、あみ(Mst5/6L)です。

1012日のグローバルフェスタの報告をさせていただきます☆遅くなってごめんなさい。

被災地支援のブースでは、これまでの活動の紹介と、味噌製品の販売をしました。

事務局で準備を重ねてきてくれた皆のおかげで、手作りの活動紹介の模造紙、商品のメニューや看板などがそろい、立派なブースができました。

 

販 売したのは、東松島での活動を通してつながりを持った「高砂長寿味噌本舗」さんから入荷したもので、赤みそ・白みそ・味噌カレー・味噌ホルモン・牛タン味 噌ラー油といった商品です。このお店は、石巻に構えていた本社が被災してしまいました。その後、東松島のプレハブ店舗で営業を続け、炊き出しなど復興活動 にも関わってきていらっしゃるそうです。

  多くの方の協力のおかげで、商品は完売しました!最後の商品が売れたとき、皆で歓声をあげ、抱き合って喜びました。高砂さんの被害の額を考えたら、ここで の売上など本当に少ないものですが、少しでも多くの人に、お店のことや東松島のことを知ってもらえたと思うと、とてもうれしかったです。 

 

2日間で、たくさんの方に来ていただきました。東北出身の方や、ボランティアに行った経験のある方もいらっしゃり、CFFの活動に興味を持ってくださいました。誰かに見せるためにしてきた活動ではないけれど、知ってもらって共有することによって一緒に歩きだせる人が増え、いいことだなと素直に思いました。

特 に私の印象に残っているのは、メインステージでの震災に関するトークショーの後に来たお客さんです。私たちの呼び込みにすぐに反応して、ブースの前で立ち 止まってくれました。トークショーで改めて被災地のことを考えたそうで、「僕も何かしなきゃと思って」と話してくださいました。

それはとても小さな行動かもしれないけれど、大切な想いのこもった行動でした。どんなに大きな夢や目標も、小さな小さなことが集まって、つながって、初めて実現するのだろうと思います。

 

国 際色の強いイベントであるグローバルフェスタでは、改めて、世界中にあふれる問題の深刻さを知らしめられます。それらの問題に向きあうたくさんの団体が あって、それぞれに救いたい対象があって、それぞれのミッションを持って活動しています。世界を変えるのは一見とても大きなことだけれど、一つひとつの団 体、一人ひとりの人が、信念を持って小さなことを続けていくしかないと思います。

たった2日間のグローバルフェスタでしたが、CFFのブースで手渡された1枚のキャンプツアーのチラシが、きっとまた何かを動かしていきます。

同じように、私たちが一つの味噌を売ることに一生懸命になることが、その方法でしか達成できない何かにつながっていくことを祈ります。

 

 

ちなみに、「高砂長寿味噌本舗」さんの白みそでつくったお味噌汁がとてもおいしくて、私の家族のお気に入りになりました♪

 

___3

手作りメニューで「高砂長寿味噌本舗」さんの味噌商品を並べました。

___2

CFFの活動のこれまでの歩みもまとめました。足を止めてみてくれてます。

___1

看板娘が販売中☆

|

« 17陣活動報告☆ | トップページ | よこはま国際フェスタ »

フェスタ報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492557/42556858

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルフェスタ(10/1~2)の報告:

« 17陣活動報告☆ | トップページ | よこはま国際フェスタ »