« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

2011年8月27日 (土)

【長期ボランティア通信3*】お茶会

 

おはようございます!

 

さおりです。

 

さーやです。

 

2人合わせてさおーやです^^

 

82526日と、ポスティングをしたお茶会に参加してきました!

 

主に女性の参加が多く、「昼間家にいてもやることがない」「家にいても寝ているだけだよ」という声も多く聞かれました。

 

お茶会中は終始賑わっており、両日とも100人規模の大盛況!もと住んでいた地区が一緒だったりという共通点を見つけて新しいつながりのできているところもあるようでした。

 

お茶会中、津波が来たときや、避難先でのことを話してくださる方がたくさんいらっしゃいました。体験された方からのお話しは本当にリアルで、実際にこの地で起こったということが信じられない気持ちでした。ある男性は、震災後時間がたった今のほうが思い返すと怖くなる、と津波に飲まれて命からがら助かったお話しをしてくださいました。避難していた先が津波に飲まれて、塩水につかった体で一晩中寒さに震えながらすごしたお話をしてくださった女性もいらっしゃいました。

 

 どんなに明るく元気に過ごされている方でも、よく話をうかがってみると、津波が来たときの恐怖体験やご家族を失った哀しみ、今後の不安など、なにかをそれぞれに抱えながら生活されていることを感じました。また、1人で仮設住宅に入り生活されている方も多く、「さみしい」という声を多く聞きました。午前・午後と合わせていらっしゃる方も多く、無機質な仮設住宅で1人暮らしをされている方は本当に寂しい思いをされていることと思います。

 

 仮設住宅の住みにくさを指摘されている方もいました。お風呂は湯船の高さが高く、入るのに一苦労してしまうそうです。また、車の出入りが多く、住宅が密集しているため、周りに迷惑をかけず子どもたちが安心して遊べる場所が少ないといお話もうかがいました。これから冬に向かい寒くなってくる中で暖房機能に不安を覚えている方もいらっしゃいました。

 

 「またやってね」と声をかけていただいたのがすごく印象的でした。お茶を飲みながら人とお話をすることをこんなに喜んで集まって下さる方が多いことに最初はとても驚きましたが、みなさんのお話を聞くと納得でした。震災で怖い思い、つらい思いをされた方が今も寂しさや不安を抱えながらすごしていらっしゃることに胸が痛みました。

 

 今後もお茶会は継続されていくそうです♪これからも集会所でのイベントで多くの人が心安らげる時間をすごすことができればよいなあと思います^^*CFFでもそんなイベントにこれからも積極的にかかわって、つくっていけたらよいですよね♪

 

 CFF長期ボランティア

 

 鈴木 沙彩・小野 沙織

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

【長期ボランティア通信2】仮設住宅ポスティング

 

おはようございます!

 

さおりです^^

 

さあやです^^

 

2人合わせてさおーやです♪

 

昨日824日の活動をご報告します。

 

午前中はボランティアセンターの掃除をしました。机も椅子もぴかぴかに*

 

午後からは東洋大学の学生チームと分担して、矢本グリーンタウン・ひびき工業団地の2つの仮設住宅地帯に行き、お茶会のお知らせのチラシをポスティングしました。私たちはひびき工業団地に行ったのですが、団地はとても広く、お茶会の開かれる集会所から遠く離れた場所に住んでいる方々は集会所に行くのも難しい上に、そういったイベントが開かれていること自体知ることができないそうです。炊き出しなどイベントが多く開かれているのに、そのことを知らなかったとおっしゃっている方もいました。

 

また、チラシを手渡す際にお話しした中で、「なにもやることがない」という声も聞きました。それまでいた地域の人たちとも離れ離れになってしまいコミュニティもまだできあがってないところも多いので、1人暮らしなどで寂しい思いをしている方は私たちがお話しした方以外にもたくさんいらっしゃるのではないかと思いました。

 

ポスティングを手伝ってくれた小学4年生の女の子と仲良くなり一緒に遊びました。ですが団地の中は仮設住宅が密集していて声や音が響き、車の出入りも多いので、安全に遊びに集中できる場所が少ないなと感じました。また同年代やお兄さんお姉さんの子どもたちも近くになかなかおらず、遊び友達も少ないのかなと思いました。

 

今日は東洋大学のみなさんと矢本グリーンタウンのお手伝いに行ってきます!

 

今日も元気に頑張ります♪

 

CFF長期ボランティア

 

鈴木 沙彩・小野 沙織

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

【長期ボランティア通信*】活動開始!

 

こんにちは!東松島よりさーやとさおりです。

 

長期ボランティア中の2人より、これから東松島での日々の活動を可能な限りお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

これまで、主に短期ボランティアやスタッフの拠点となる宿探しや、これからの活動を具体的にするための話合いなどを行ってきました。

 

宿探しは、ゆう(65,67)とあき(pst17,18)が中心となって行い、現在いくつか候補を見つけることができました。

 

昨日は今後の活動の予定地である矢本グリーンタウンの周辺に2人で足を運びました。とても大きな仮設住宅でしたが周辺にはお店なども少なく、少し寂しい印象を受けました。

 

 その中でプレハブで営業をしている小さなお味噌屋さんを訪ねました。石巻に本店がありますが石巻が営業できなくなっているということで東松島の工場となりにプレハブを建て少しずつ営業を再開しているとのことでした。お店には味噌や醤油、味噌を用いた加工品(味噌カステラとか!!!)などがたくさん並べられていて、試食させていただきましたがどれもとてもおいしかったです!!

 

 

 

Photo

 

こんな商品も!!

 

お店の人とお話をして、仮設住宅の様子などを少し伺いました。仮設住宅の中には1人暮らしのおじいさんなども多いそうです。このお店では仮設住宅の人に向けて炊き出しなどもおこなっているそうです。

 

 私たちの活動にも共感していただき、最後には「NPOのみなさんで食べてください」とたくさんのお土産もいただきました。(事務局に持っていきますね★)

 

東京でお店の商品をフェスタなどでフェアトレードのように売ることができたらみんなにも知ってもらえるね!という話を2人でしたところ、たとえ小さくても少しずつ商品を広めてもらえたらうれしいと言っていただきました。また、石巻や東松島でイベントにも出店されているようなので、そのお手伝いなどもCFFが一緒にできるかもしれません♪連絡先を交換させていただくこともできたので、今後も何かの形でつながり続けられたら良いなと思いました。

 

昨日はそれ以外にもボランティアセンターのある矢本の近くにある蔵造りのコミュニティスペースの方ともつながることができました。以前は避難所にもなっていた広い畳のお部屋を解放してお茶会やごはん会などに利用してもらっているそうです。今は地元の画家の方の展示なども行っていて、どれも素敵な絵ばかりでした*

 

 

 

Photo_2

 

ここでもなにかイベントなどできたらうれしいですね♪

 

 東松島は最近寒い日が続きますが、今日もがんばって活動してきます!!

 

今後のブログの更新も楽しみにしていてくださいね!!!

 

CFF長期ボランティア

 

鈴木沙彩・小野沙織

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

長期ボランティアを終えて。

 

こんにちわ!
あき(pst17,pst18L)@東松島です。
一昨日行われた、元気フェスタのお手伝いとして来ています。
今回が3回目。
初めて東松島を訪れたのは7月のはじめ。
長期ボランティアとして活動させていただきました。

 

その時からとってもとっても間があいてしまったのですが…
この長期ボランティアとして7/5-7/18まで
東松島ボランティアセンターで活動させていただいた報告を!しようと思います!

 

ボランティアセンターでは主に…
受付と、毎日何百人とくるボランティアさんたちのデータを入力し
名簿を作成するという活動をしていました。
また、本部に人が足りている時には現場にも行き、
ボランティアさんたちをサポートしつつ、一緒に混ざって泥かきもしました。

 

ボランティアセンターのスタッフは、沖縄、関西、関東と、全国から集まり、
わたしともう1人の子だけが学生でその他はみんな大人の方々。
大学やCFFで同世代の子たちとしか活動したことのなかった私にとって、
とても新鮮な事ばかりで、たくさん勉強させていただきました。

 

ここまでボランティア、ボランティア連発している私ですが…
“ボランティア”という言葉はあまり好きではありません。
東松島に来る前、宮城に行ってくると周りに言うと
「ボランティア?!偉いね~」
と、ほとんどの人が口をそろえて私に言いました。
全然偉いことなんかしてない。
現地に行くことだけが被災地支援のすべてじゃない。
ボランティア=偉い事という感覚があるということ、
そしてなにより、もうみんなの心の中では
この震災が遠い存在になってるんじゃないかと感じ、
とても悲しかったです。

 

ですが、ボランティアセンターに全国から本当にたくさんの
支援物資が届いているのを見るたび、
こんなに多くの人に支えられているんだと感じさせられ
私自身、とても励まされました。

 

ボランティアを支えるボランティアがいて、
その人たちを更に陰で支える人たちがいる。
本当に色んな場面でそれを感じました。

 

携わりかたさ人それぞれでいいと思います。
ここで感じたことを東京で伝えたいき、少しでも多くの人が
まだ終わっていないんだと、この震災の事を考える
きっかけとなれたらと思います。

 

人ごとじゃない。
これからも東松島の方々と共に歩んでいきたいです。

 

長々と読んでくださりありがとうございました!

 

でわ!また!

 

伊藤亜樹

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

長期ボランティアのご挨拶*

 

こんにちは*
東松島からさおり(m7,m12)です。
被災地活動には5月の6陣、6月の10陣に参加して今回が3回目の東松島です。

 

819日から29日までの10日間という短い時間ではありますがCFF被災地活動の長期ボランティアとして活動させていただくことになりました。
よろしくお願いします。

 

最初の2日間は「ありがとう!東松島元気フェスタ!!」の出店のためかけつけたCFFの他のメンバーと一緒にお祭りに参加しました。
CFF
の出店でみんなに笑顔、元気になってほしい、という思いでいましたが逆に元気をもらってしまうほど、パワフルで熱気溢れたお祭りでした*

 

昨日からは同じく長期ボランティアに入っているさーや(mst3,pst19,mst5)、職員のゆきと共に今後のCFFの活動の基盤作りに向け話し合いをしているところです。

 

3回目の東松島。
初めて訪れたのは震災からまだ2カ月の5月でした。川や田んぼには多くの車や屋根が泥だらけで浮いていたり、生々しい傷跡が多く見られ、言葉を失いました。
震災から5カ月経った今回は、場所によっては津波の被害を感じさせないところも多く、前回通った場所だと気づかないこともあるほどにきれいに片付いているところがたくさんありました。東松島のみなさん、そして全国から訪れているボランティアの復興にむけた働きがここまで元の町に戻していることを嬉しく感じました。

 

昨日は、10陣の際訪れた鹿妻の避難所で足湯をやらせていただいたおばあちゃんたちに会いに、多くの方々が移られた鹿妻の仮設住宅代わりのアパートを訪ねました。この避難所へはCFF短期ボランティア時代に多くの陣が足湯に出向きました。

 

ドアを開けて私たちに気がついた途端に皆さんぱあっと顔を輝かせて「よく来たね」と喜んでおうちに招き入れて下さりたくさんお話をすることができました。他愛ない話をすることにも喜んで下さり、心から私たちとの再会を喜んでくれる皆さんの表情の陰には、さみしさも感じられました。愛するご家族を失った方もいらっしゃり避難所も出て日々話す相手がいなくなってしまったのかな、とも思いました。
「震災直後は涙も出なかったけど、いまは涙が出てくるよ」と語ってらっしゃる方もいました。

 

震災についての報道も減り、私が
「東北に行ってくる」と友達に言うと以前は必ずすぐ
「ボランティア?頑張って!」
と言われていましたが、今回の「東北に行ってくる」に対しては「旅行?楽しんで来てね。お土産よろしく!」という返事に変わりました。
これは喜ぶところでもあるかもしれませんが最近ではボランティアに興味を持つ友達も減り、確実に世間の関心も低くなってきていることを感じます。

 

鹿妻の皆さんとお話をして、まだまだ震災は終わっていないことを強く感じました。
たとえ町の見た目がきれいになり、震災の報道が減っても、あの災害で失われ、帰ってこないものはたくさんあります。前を向いてやっていけることばかりではないかもしれません。そういったものを抱えている皆さんにとっては震災から時間の経ったいまの方が辛いこともたくさんあるのではないかと感じました。

 

必ずまた来てね。近くにきたら寄ってね。娘みたいにおもってるんだから。

 

そんな声をかけて心から別れを惜しんで下さるみなさんの姿に、私たちが行ってお話をすること、ただそれだけでも皆さんのほんのちょっとの安らぎのためにできることってあるのではと思いました。

 

現地で活動できる時間は残り1週間。
CFF
としてこれから東松島の人たちとどのように寄り添っていくことができるのか。答えやノルマのない活動ですが自分から求めて頑張っていきたいと思います。

 

またブログをアップできればと思います。読んでくださりありがとうございました。

 

小野沙織

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »