お知らせ

2012年9月15日 (土)

現在のボランティア募集情報(9/15)

こんにちは。

少しずつですが、涼しくなってきていて、秋が来たなぁと感じますね!!
秋といえば、読書の秋!!!!
ということで、CFF東松島市復興支援活動も”読書”に関する
ボランティアさん募集しています

以下、現在募集中のボランティア情報です!!!
お申込みは一番下し記載してあるのフォーマットに従い、メールでお願いしますね!
たくさんの方のご参加、お待ちしています!!

-------------------

--------------------------------------------------
32陣!!! コミュニティづくりイベント*締切:916日(日)
--------------------------------------------------
9
22()23日(日)一泊二日

【内容
C】FFが活動している東松島市鹿妻地区には、震災前にあったアパートのような建物の空き室に
仮設住宅として暮らしている方々がいます。
その住宅は「みなし仮設」と言われていて、支援が届きにくく、また、さまざまな地域から
人が来ているため、コミュニティが形成されていなく、一人ひとりが孤立してしまっている
状態です。CFFは、この地域で住民同士がつながって生活していけるようにサポートしていきます。
今までは、クリスマス大会やもお花見、太巻きイベント、カフェなどを開催しました。
今回は、株式会社 味の素さん、東松島市市役所健康推進課のみなさまとの共催で、「お料理教室」を開います!!

内容(予定)
22
日 イベント準備、被災地域の視察 (予定)
23
日 イベント日!!(鹿妻地区センターにて)

イベントスケジュール(予定)

9:00~  準備
11:00
~ 料理教室(健康・栄養セミナー)開始
12:00
~ みんなで食事!
13:00
~ 片付け、フリータイム
14:00
頃 イベント終了

【集合・解散】 (予定)
22
日 午前9:00頃 矢本駅集合(仙台から電車、バスで約1時間半)
23
日  イベント終了次第(18時ころ)鹿妻駅解散

----------------------------------------------------------
図書室整備ボランティア  締切:9月分920日、10月分926
----------------------------------------------------------
【内容】
東松島市の小中学生が早く本を読める環境をつくれるように、
学校の図書室の整備をお手伝いします!
学校が始まってるので生徒さんとも一緒に作業できるかもしれません!

【日程】
9
2425日、1034
日帰りで参加も可能!!(現地集合現地解散です)

【スケジュール(予定)】
8
時~9時頃 
矢本駅集合(仙台から約1時間半)
そこから学校へ向かい(日によって場所が異なります)作業!!
17
時頃解散
夜:振り返り、シェアリング

【活動の際に必要な持ち物】
軍手、動きやすい服装、筆記用具、マスク

-------------------------------------------
33陣!!!!  図書館まつり* 締切:104
-------------------------------------------
10
13(土)~14日(日)1泊2日

内容(予定)
13
日 イベント準備、被災地域の視察 (予定)
14
日 イベント日!!東松島市図書館にて)

【集合・解散】 (予定)
13
日 午前9:00頃 矢本駅集合(仙台から電車、バスで約1時間半)
14
日  イベント終了次第(18時ころ)解散

CFFは昨年の5月より、東松島市図書館にて何度かイベントに
出店したり、お手伝いしてきました。
子どもたちのたっくさん来る楽しいお祭です!!
お花に関するイベントのお手伝いを予定中!
詳しい内容はみんなで話し合っていきましょう。

===============================-

前泊、延泊、遅刻、早退も対応可能なので、申込みの際に相談してください。

【参加条件】
・事前準備からのプログラム参加、参加後のブログ報告や次陣への引き継ぎまで含め、
自分なりにできることを考え、主体的に参加すること。
・現地出発前に、配布される「CFF被災地支援活動報告書」・「ボランティアのしおりをしっかり
読むこと。
(報告書には今までの活動の経緯などが記載されています。しおりには危機管理についてなどが
記載されています。)

【持ち物】
着替え、洗面用具、イベントに必要なもの

宿泊する人は寝袋を持ってきてください。(いくつか事務局、現地職員宅にレンタ
ルがあります。ご相談下さい)

【宿泊先】
宿泊施設
 未定。参加者に別途ご連絡いたします。
 一泊500円~2500円くらいを考えています。
 現地の状況によって決めていくので、ご了承下さい。

【申込み・問い合わせ】申込締め切り:32陣:916 ,33陣:104

件名に、「第〇陣申込み」または「第〇陣問い合わせ」 と入れて、
CFF
事務局
info@cffjapan.org(担当:金須)までメールください。

その際、
名前(ニックネームも)
CFF海外プログラム参加回、復興支援活動参加日程(33陣参加希望など)
宿泊について(1日のみの参加、前泊希望など。)
携帯電話番号
メールアドレス(携帯電話)
メールアドレス(PC)
その他(質問など)
を入れてください。

事前打ち合わせ、顔合わせの目的で、出発前に何度かミーティングをします。

持ち物、交通情報などわからないことや不安なことがあればこちらで答えるので、
初めての人も安心して参加してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

緊急募集!夏休み★学校図書室復興プロジェクトご案内~東松島市の子どもたちのために~


    学校図書室復興プロジェクトご案内
    ~東松島市の子どもたちのために~
 

8月~9月にかけて東松島市内の各小中学校からボランティアの依頼がありました

 CFFとつながりのある東松島市図書館の方の「少しでも早く子どもたちが本を読む環境を整えてあげたい」という
強い想いが実り、東松島市の小学校・中学校の図書室へ整備における補助金がもらえることになりました。
(今までは、学校の図書室まで復興が行き届かず、手付かずの場所が多かったのです。)

そこで、そのお金を使って、新しい本や、整備するための道具が購入できることになったのですが
実際に整備にあたる人員が全然足りないということで、CFFにボランティアのお願いがありました!!

ボランティア内容は、学校図書室内の整備、古くなった図書の廃棄などです。
学校図書館の整備をすることで、東松島の未来を担う子どもたちの学びの場が広がります。
一緒に未来を担う子どもたちを支援して行きましょう!!

当日、地元のボランティアの方や、学校の先生方、生徒さんたちも一緒に作業できるかもしれません。
作業を通じて、交流もできるといいですね(*^_^*

以下、詳細です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ーーーーー  緊急募集!  ーーーーー
   

    学校図書室復興プロジェクトご案内
    ~東松島市の子どもたちのために~

【日程】
8
6日~810日、820日~824日、827日、828日、
9
7日~99日、924日、925

の日程でボランティアを募集します。
上記の日程で1日でも参加できる日がある場合はご相談、申込みください。
作業にあたる時間については基本的に9:3017:00になる予定です。

 

【場所】
東松島市内小学校、中学校の図書室

【ボランティア内容】
学校図書室内の整備、古くなった図書の廃棄など

【集合、解散】(予定)
9:00
頃 JR仙石線「矢本駅」集合
18:00
頃 JR仙石線「矢本駅」解散
今回は学校の方や図書館の方との関係があるので、遅刻や早退については極力無いスケジュールでお願いします。

【参加条件】
事前のオリエンテーションに参加し、活動の経緯や趣旨について理解した上で
参加できること。(事前オリエンテーションに出席できない場合は、何らかの形で連絡を取り、
活動について理解する。)
現地出発前に、配布される「CFF被災地支援活動報告書」・「ボランティアのしおり」をしっかり
読むこと。(報告書には今までの活動の経緯などが記載されています。しおりには危機管理についてなどが
記載されています。)
過去にCFFのプログラムに参加経験のない方でも、事前に活動について理解していただければご参加可能です!!

【持ち物】
着替え、洗面用具、
作業の時に必要なもの
・筆記用具
・タオル
・熱中症予防対策に効果的なもの(冷えピタなど)
・昼食
・軍手
・マスク
・上履き(あれば)

宿泊する人は寝袋を持ってきてください。(いくつか事務局、現地職員宅にレンタ
ルがあります。ご相談下さい。)

【宿泊先など、その他】
当日の参加者状況に合わせて、現地での交通手段や宿泊先などを考慮して、こちらでコーディネートさせていただきます。

【申込み・問い合わせ】
件名に、「図書館ボランティア申込み」または「図書館ボランティア問い合わせ」 と入れて、
以下のフォーマットに記入の上、CFF事務局(担当:鈴木) info@cffjapan.org までメールください。

-----------------------------------------
参加申込み。フォーマット

名前
CFF海外プログラム参加回、復興支援活動参加回(あれば)
参加希望日程
<
>
参加可能日:86日、821日、822日/810日のみ参加(日帰り) など。
携帯電話番号
パソコンメールアドレス
携帯メールアドレス
その他(質問など)

-----------------------------------------

731日(火)19時~
事前オリエンテーションを開催します。Skypeで参加も可能!
持ち物、交通情報などわからないことや不安なことがあればこちらで答えるので、
初めての人も安心して参加してください!
どしどしお申込み、ご相談ください!待っています。

  ーーーーー  緊急募集!  ーーーーー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

【ボランティア募集!!】 〜東松島のお味噌やさんイベントのお手伝い☆住民の方がつながれる場をつくろう〜(8/24〜26)

こんにちは19回マレーシアワークキャンプ参加の倉持美沙紀(みさき)です。

現在、CFFでは宮城県の東松島市、鹿妻地区という所で被災地支援を行っています。
鹿妻地区にある、仮設住宅(雇用促進住宅)を対象に現地のコミュニティ作りのきっかけを
提供出来たら良いなぁと思っています。


今までの短期ボランティア活動では、住民の方々と太巻きパーティーを行いました!他にもお花見やクリスマスパーティーなども行って来ました。
皆さんも一緒に行ってみませんか?
当日参加出来なくても、MTGだけの参加も可能です。
また、今回はCFFと去年の夏からずっとつながりのある東松島のお味噌屋さん、「高砂長寿味噌本舗」さんのイベントお手伝いもします!!社員のみなさまはとても素敵な方々で、ぜひ多くの人に高砂さんと出会ってほしい…そんな気持ちもあります。


悩んでる方もそうでない方も、まずは気軽に相談して下さいね(^^)
どしどし応募お待ちしてます

以下、詳細です!!!!

30陣、ボランティア募集中!

【日程】824(金)~26日(日)二泊三日


【内容(予定)】
24日 イベント準備、被災地域の視察 (予定)

25
日 CFFとつながりのある東松島のお味噌屋さん、「高砂長寿味噌本舗」さんのイベントお手伝い
(高砂長寿味噌本舗ホームページ:http://www.takasagomiso.jp/)

26
日 鹿妻地区センターにてイベント開催



【集合・解散(予定)】 

24
日 午前9:00 矢本駅集合

25
日 イベントお手伝い

26
日  イベント終了次第(18時ころ)解散



 東松島市のCFFが活動している鹿妻地区には、震災前にあったアパートのような建物の空き室に
仮設住宅として暮らしている方々がいます。
そ の住宅は「みなし仮設」と言われていて、支援が届きにくく、また、さまざまな地域から
人が来ているため、コミュニティが形成されていなく、一人ひとりが 孤立してしまっている
状態です。CFFは、この地域で住民同士がつながって生活していけるようにサポートしていきます。


詳しい内容は、一緒にこれから考えていきます。

前泊、延泊、遅刻、早退も対応可能なので、申込みの際に相談してください。



 【参加条件】
・事前準備からのプログラム参加、参加後のブログ報告や次陣への引き継ぎまで含め、
自分なりにできることを考え、主体的に参加すること。 
 ・現地出発前に、配布される「CFF被災地支援活動報告書」・「ボランティアのしおりをしっかり
読むこと。
(報告書には今までの活動の経緯などが記載 されています。しおりには危機管理についてなどが
記載されています。)


【持ち物】
着替え、洗面用具、イベントに必要なもの
 宿泊する人は寝袋を持ってきてください。(いくつか事務局、現地職員宅にレンタ
ルがあります。ご相談下さい)


【宿泊先】
宿泊施設
 東松島市内の宿泊施設(空き部屋状況により宿泊先が変動します。ご了承ください。)
・1泊 10005000
宿泊施設が決まり次第、料金等、連絡します。

【申込み・問い合わせ】申込締め切り:810日(金)


件名に、「第30陣申込み」または「第30陣問い合わせ」 と入れて、
事務局(担当:鈴木)info@cffjapan.orgまでメールください。


その際

名前

CFF海外プログラム参加回、復興支援活動参加希望回

宿泊について(1日のみの参加、前泊希望など。)
携帯電話番号

メールアドレス(携帯電話とPC両方)
その他(質問など)
 を入れてください。


事前打ち合わせ、顔合わせの目的で、出発前に何度かミーティングをします。

持ち物、交通情報などわからないことや不安なことがあればこちらで答えるので、
初めての人も安心して参加してください!



どしどしお申込み、ご相談ください!待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ボランティア募集】 中学校の図書室整備のボランティア、参加しませんか??(7/21・22)

こんにちは19回マレーシアワークキャンプ参加の倉持美沙紀(みさき)です。

現在、CFFでは宮城県の東松島市、鹿妻地区という所で被災地支援を行っています。
鹿妻地区にある、仮設住宅(雇用促進住宅)を対象に現地のコミュニティ作りのきっかけを
提供出来たら良いなぁと思っています。


今までの短期ボランティア活動では、住民の方々と太巻きパーティーを行いました!他にもお花見やクリスマスパーティーなども行って来ました。
皆さんも一緒に行ってみませんか?
当日参加出来なくても、MTGだけの参加も可能です。
また、今回はCFFと去年の夏からずっとつながりのある東松島のお味噌屋さん、「高砂長寿味噌本舗」さんのイベントお手伝いもします!!社員のみなさまはとても素敵な方々で、ぜひ多くの人に高砂さんと出会ってほしい…そんな気持ちもあります。


悩んでる方もそうでない方も、まずは気軽に相談して下さいね(^^)
どしどし応募お待ちしてます

以下、詳細です!!!!

30陣、ボランティア募集中!

【日程】824(金)~26日(日)二泊三日


【内容(予定)】
24日 イベント準備、被災地域の視察 (予定)

25
日 CFFとつながりのある東松島のお味噌屋さん、「高砂長寿味噌本舗」さんのイベントお手伝い
(高砂長寿味噌本舗ホームページ:http://www.takasagomiso.jp/)

26
日 鹿妻地区センターにてイベント開催



【集合・解散(予定)】 

24
日 午前9:00 矢本駅集合

25
日 イベントお手伝い

26
日  イベント終了次第(18時ころ)解散



 東松島市のCFFが活動している鹿妻地区には、震災前にあったアパートのような建物の空き室に
仮設住宅として暮らしている方々がいます。
そ の住宅は「みなし仮設」と言われていて、支援が届きにくく、また、さまざまな地域から
人が来ているため、コミュニティが形成されていなく、一人ひとりが 孤立してしまっている
状態です。CFFは、この地域で住民同士がつながって生活していけるようにサポートしていきます。


詳しい内容は、一緒にこれから考えていきます。

前泊、延泊、遅刻、早退も対応可能なので、申込みの際に相談してください。



 【参加条件】
・事前準備からのプログラム参加、参加後のブログ報告や次陣への引き継ぎまで含め、
自分なりにできることを考え、主体的に参加すること。 
 ・現地出発前に、配布される「CFF被災地支援活動報告書」・「ボランティアのしおりをしっかり
読むこと。
(報告書には今までの活動の経緯などが記載 されています。しおりには危機管理についてなどが
記載されています。)


【持ち物】
着替え、洗面用具、イベントに必要なもの
 宿泊する人は寝袋を持ってきてください。(いくつか事務局、現地職員宅にレンタ
ルがあります。ご相談下さい)


【宿泊先】
宿泊施設
 東松島市内の宿泊施設(空き部屋状況により宿泊先が変動します。ご了承ください。)
・1泊 10005000
宿泊施設が決まり次第、料金等、連絡します。

【申込み・問い合わせ】申込締め切り:810日(金)


件名に、「第30陣申込み」または「第30陣問い合わせ」 と入れて、
事務局(担当:鈴木)info@cffjapan.orgまでメールください。


その際

名前

CFF海外プログラム参加回、復興支援活動参加希望回

宿泊について(1日のみの参加、前泊希望など。)
携帯電話番号

メールアドレス(携帯電話とPC両方)
その他(質問など)
 を入れてください。


事前打ち合わせ、顔合わせの目的で、出発前に何度かミーティングをします。

持ち物、交通情報などわからないことや不安なことがあればこちらで答えるので、
初めての人も安心して参加してください!



どしどしお申込み、ご相談ください!待っています。こんにちは!

東松島駐在職員の金須健です!

先日、CFFがお世話になっている東松島市図書館の方から要請があり、CFFボランティアで東松島市内の各学校の図書室の復旧作業を行うことになりました!

ぜひ、みなさん、図書室のボランティア、行ってみませんか?

【募集までの経緯】
 東松島市の予算が学校の図書室の復旧まで手が回らず、子どもたちが震災前のように図書室を利用できるようになるまでは もっと時間がかかる予定でしたが、東松島市図書館の方が「少しでも早く子どもたちが本を読む環境を整えてあげたい」との思いで動いてくださり、図書財団の 方から図書室整備のためのお金がいただけることとなりました!
 そのお金を使って、新しい本や、整備するための道具が購入できることになりました!
ですが、実際に整備にあたる人員が足りないということで、CFFにボランティアのお願いがありました!!

今回は「鳴瀬第一中学校」という学校から要請がありました。
鳴瀬第一中学校は、校舎が直接津波の被害があったわけではないのですが、現在鳴 瀬一中の隣に「鳴瀬第二中学校(CFF短期ボランティア26陣、28陣で視察に行った野蒜地区にあった学校で津波で校舎が被災し使えなくなっている)」の 仮設の校舎がたてられており、将来的に第一中学校と第二中学校が統合するに向けて図書室の整備をしたいとのことでした。

学校の図書室の整備をすることで、普段から子どもたちが本を読む環境が整います!
東松島の子どもたちの学びの場を整備することで東松島の未来の糧になると思います!
東松島の将来を担う子どもたちが本を読む環境を一緒に作っていきませんか?
今回、地元のボランティアさんにも声をかける予定です。
作業をしながら地元の方との交流もできればと思っています!!

今回、要請人数が1015名ということで、定員に到達し次第、募集を締め切らせていただきます。
事務的な作業になるとのことですが、丁寧に作業してもらえれば誰でもできる作業との話です。

以下 詳細です。

募集!! 第31陣「鳴瀬第一中学校図書室復旧作業」

【日程】721()722() 12
    
作業時間は9:3017:00を予定
【場所】鳴瀬第一中学校
【内容】
 721日、22日ともに学校図書室内の整備、古くなった図書の廃棄など

【集合】721日(土)9:00にJR仙石線「矢本駅」集合
【解散】(予定)
 72218:00頃にJR仙石線「矢本駅」解散
 (振り返りの時間などの都合で変動する場合もあります。ご了承下さい)

今回は学校の方や図書館の方との関係もあり、遅刻や早退については極力無いスケジュールでお願いします。
前泊、延泊は対応可能なので、申込みの際に相談してください。
基本的に721日、22日両日参加ですが、片方のみの参加についても相談を受け付けます。

【参加条件】
・事前準備からのプログラム参加、参加後のブログ報告や次陣への引き継ぎまで含め、
自分なりにできることを考え、主体的に参加すること。
・現地出発前に、配布される「CFF被災地支援活動報告書」・「ボランティアのしおりをしっかり
読むこと。
(報告書には今までの活動の経緯などが記載されています。しおりには危機管理についてなどが
記載されています。)

【持ち物】
着替え、洗面用具、
作業の時に必要なもの
・筆記用具
・タオル
・熱中症予防対策に効果的なもの
・昼食
・軍手
・マスク

宿泊する人は寝袋を持ってきてください。(いくつか事務局、現地職員宅にレンタ
ルがあります。ご相談下さい)

【宿泊先】
宿泊施設
 東松島市内の宿泊施設(空き部屋状況により宿泊先が変動します。ご了承ください。)
・1泊 10005000
宿泊施設が決まり次第、料金等、連絡します。

【申込み・問い合わせ】申込締め切り:定員に達し次第、締め切りのメールを流します。
件名に、「第31陣申込み」または「第31陣問い合わせ」 と入れて、
事務局(担当:鈴木)info@cffjapan.orgまでメールください。

その際
名前
CFF海外プログラム参加回、復興支援活動参加回
宿泊について(1日のみの参加、前泊希望など。)
携帯電話番号
メールアドレス(携帯電話とPC両方)
その他(質問など)
を入れてください。

持ち物、交通情報などわからないことや不安なことがあればこちらで答えるので、
初めての人も安心して参加してください!
どしどしお申込み、ご相談ください!待っています。

29陣は18名の申込みをいただき、締め切らせていただきました。
ミーティングを重ね、いい活動になるように頑張っています。

それでは、どんどん申込み、ご相談ください!
東松島で待ってます(*^_^*

CFF東松島市復興支援活動担当  金須 健

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【募集】報告会のご案内 ~伝えたい、知ってもらいたいことがある~(8/4)

こんにちは(*^^*)第8回フィリピンハッピーキャンプに参加した齋藤里奈(りな)です。
CFF
東松島市復興支援活動チームからお知らせです!

現在復興支援チームは短期ボランティア29陣(流しそうめんイベント!)も終わり、
図書室でのボランティア活動も行なっています。
私が参加した28陣(623日)ではイベント企画(太巻きを作りました!)に加えて、
高砂長寿味噌本舗さんのお話を伺うというとても貴重な経験をさせていただきました。

高砂長寿味噌本舗さんは自らが被災された中、復興のためにいち早く会社の運営を再開し、現在も厳しい環境で頑張っていらっしゃいます!2つあった工場のうち1つは津波の被害にあい、今は使えないそうです。
(*高砂長寿味噌本舗ホームページ:http://www.takasagomiso.jp/

CFFではここで作られた醤油・味噌チョコレートなどの商品をイベントで売ったりしています!これが美味しいんですよ

目の前で津波を目の当たりにしたこと、四方八方から襲ってきたこと、決して自然災害を甘くみてはいけないこと…改めて他人事ではないのだと実感し、自分も何かしていきたいと奮い立たされました。

話してくださったことをたくさんの人にぜひ知ってもらいたい、伝えたいという気持ちから復興支援チームの報告会を計画しました。

なんと、今回の報告会には高砂さんが来て下さいます!!

高砂さんは「こんな思い・経験はもう他の人にしてほしくない。」と、震災を通しての経験を私たちに涙ながらに語って下さいました。

今後、何が起こるかわからない。
いつ大きな地震が来るかわからない。
この先の未来、何が起こるかわからない。
けれど、今回の経験から学び、活かし、ともに未来を考えていくことで
きっと何かが変わっていく…。

だからこそ、みなさんに知ってもらいたい、伝えたいことがあります。

ご参加は、CFFメンバーに限らず、家族、友達、サークル仲間!大歓迎です!

当日は高砂さんからのお話や、CFF短期ボランティア28陣、29陣についてを報告予定です。
また、参加メンバー同士で話し合うシェアリングの時間も予定しています。

以下、詳細です。
-----------------------
7回  CFF東松島市復興支援活動報告会
~伝えたい、知ってもらいたいことがある~
-----------------------

【日時】 201284日(土)13:2016:30
【場所】 みらい館大明(小学校・廃校跡の施設)レクリエーションルーム102
     池袋西口より徒歩20分 (地図)http://www.toshima.ne.jp/~taimei/tizu.gif
【時間】 13:00~開場、受付開始U+2028  13:20~報告会開始
【費用】 600円(CFF会員・400円)
【参加資格】 関心がある方ならどなたでも。
要申込み。
【主催】 NPO法人CFFジャパン 東松島市復興支援活動チーム

【内容(予定)】
 《CFF東松島市復興支援活動 短期ボランティアによる活動報告》
  CFFボランティアによる活動の報告。現状、東松島市の方々の声と共に、参加したメンバー
  がお伝えします!!

 《㈱高砂長寿味噌本舗 営業統括部長 高砂和典さんより》
  CFF東松島市復興支援活動の関わりの中で出会ったお味噌屋さん。
  今回は高砂さんをお招きし、お話をいただきます!
  「伝えたいこと、知ってほしいこと」というテーマで、震災当時のことを交えて話して下さる予定で   
    
す。

 《シェアリング》
  当日参加したメンバー同士でお話する機会を予定しています。

【お申し込み・お問い合わせ】
「東松島報告会申し込み/問い合わせ」と件名に入れた上で、
に以下のフォーマットに記入して、メールでお申し込みください。
送り先 cffjapan@hotmail.co.jp (受付担当:杉原由華)

〓名前(過去にCFFプログラムに参加した方は参加回も)
〓メールアドレス
〓電話番号(当日の連絡のため)
〓その他(遅刻早退のご連絡や、この報告会に期待すること、聞いてみたいことなど)

長くなりましたが、少しでも興味があるかた、気になるかた、どんなかたでも大歓迎です(*^^*)
みなさんに会えるのを楽しみにしています\(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

【ご案内】2月5日■NPO法人CFFジャパン 東松島市復興支援活動 報告会

みなさま

CFFの長友(前・東松島市駐在職員)です。
昨年は、本当にたくさんの方々に大変お世話になりました。

私は昨年度末に東京に戻りまして、1月~2月末まで、
週3回ほど事務局で東松島市復興支援活動の後方支援(現任への引継ぎ等)に関わらせて頂くことになりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、久しぶりに東京に戻りまして、
5か月ぶりに報告会を開催します。
この5か月で被災地ではさまざまな変化、新たな課題がでてきました。
CFFの活動も、日々進化しています。

たくさん写真も持っていく予定です。
どうぞふるってご参加ください!

■NPO法人CFFジャパン 東松島市復興支援活動 報告会
-------------------------------------------------------
○日時 2月5日(日)13:30~16:45

○場所 JICA地球ひろば 403号室 (地図
  
○内容
1)東松島市駐在職員 長友よりご報告(現地の状況、人々の声、CFFボランティア活動など)
2)ボランティア参加者からの発表
3)座談会

*休憩時、東松島市で現在営業を再開されている『高砂味噌店』の商品を、販売予定です。

*報告会終了後、懇談会を予定しています。
お時間ある方は、ぜひ一緒に食事にいってたのしくお話ししましょう☆

○対象  以下の方、ご来場お待ちしています。
・東松島のこと、東松島の方々のこと、もっと知りたい!
・現地の人の声が知りたい!
・ボランティア、参加してみたいけどよくわからない...
・2012年、東日本大震災についてもう一度向き合いたい。

○参加費 500円(CFF会員:300円)

*寄付をしていただける方は、もちろんそちらも大歓迎です☆

○お申し込み・お問い合わせ
「東松島報告会申し込み/問い合わせ」と件名に入れた上で、
yuki_nagatomo@cffjapan.org にメールでお申し込みください。
お名前、当日の緊急連絡先(携帯電話または携帯電話メールアドレス)、懇談会参加有無を本文にご記入お願いします。

-------------------------------------------------------

東北では凍えるような季節の中、人々は引き続き復興に向かっています。
2012年もいっしょに行動していきましょう。

長友由貴(CFF東松島市復興支援活動 担当)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

先遣隊派遣

被災地支援に向けて動き出す。第一歩として今週末に先遣隊を派遣する予定です。
もしかしたら、いま動いて良いのか?なにができるのか?
という思いを持っている人もいるかもしれません。

いま支援活動をはじめている団体は、現地につながりがあったり、資金が十分にあることから自分たちで被災地に向かい動き回り調査をし情報を集め、自己完結で持続的に大々的に活動できるNGOだけに限られています。また一般のボランティアを募集している団体も多くはなくその被害の甚大さ緊急支援の困難さが見受けられます。

一方(金銭的にも、人員的にも)自分たちで被災地に向かい情報を集めて回るだけの余裕のないNGOはどこに行けば良いのかわからない。どんな形の支援をしたら良いかわからない。
被災地がなにを必要としているかわからないという状況です。

政府とNGOが協力して先日立ち上げた東日本大震災支援全国ネットワークという大きなネットワークやNPO・NGOのサポートをしているNPOサポートセンターなどでも、広範囲に広がる被災地から現在どこにどんな支援が必要でどこにどれだけ被災者がいてというところを完全に把握できておらず、現在メーリス上で各NGOが自分たちが活動している地域の状況やニーズ、また自分たちができる支援活動を共有するメールがどんどん流れています。

そういった状況の中、CFFは被災地支援を実施するにあたってCFF理事会やNPOセンターなどの意見から被災地にいかないといまは「支援活動をするという点からは」なにもわからない。という結論になり先遣隊を送ることになりました。

活動を進めていこうというものの、被災地の状態が見えないのでどう進めば良いからわからないのが正直なところです。

それでも動けば必ず何か見えてくる、何かが変わる。辞めることは動いてからもできる。そう信じています。

石井たけし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【被災地支援活動】僕らにできることはなんだろう?

3月11日に発生した東日本大震災より1ヶ月がたとうとしています
3万人を超えた行方不明者と死者の数もまだまだ増えると言われています。

人は言います。いま自分たちにできることをやろうと。

じゃあ、僕らにできることはなんでしょうか?

「人は誰もが小さな、世界の光です。」
いまあなたの光は誰を、なにを照らしていますか?

僕は思います。いまこそみんなが持つ光で社会を照らす時だと。

CFFはこの日本に甚大な被害を与え続けている大震災を受けて
被災地活動支援に乗り出します。本気です!

CFFは「豊かな未来の基盤を築く」を目指し、そのために
「厳しい環境におかれた子どもたちの支援」をしている団体として、
また多くの若者がフィリピン、マレーシアにわたり多くの学びを得て
成長してきたからこそ、その力を活かし以下のような活動を考えています。

◆CFFの被災地支援活動
1、被災地の子どもたちに寄り添う活動
津 波や地震を目の当たりにした子どもたちは心に傷を抱えていると言われています。また長く続く避難所生活はストレスが多く子どもたちの成長に影響を及ぼすと 考えらています。そういった状況からCFFとして被災地の(特に)避難所において子どもたちとの遊び、スポーツ、絵本の読み聞かせ、絵画などを通して子ど もたちに寄り添っていきます。

2、被災地にいる人たちのニーズに合わせた活動
1の活動をしながら被災地にいる人たちのニーズを聞きながら、その声に応えられるような活動をしていきます。現時点では泥のかき出し作業、清掃作業、がれきの除去作業などを考えています。

◆寄付のお願い
またCFFはこれらの被災地支援活動を実施するにあたり支援金を募集いたします。
被災地支援活動のためにたくさんの支援金が必要になります。
ぜひぜひみなさまの力と心をお寄せください。みなさまからいただいた寄付は
100%支援活動のために使わせていただきます。

ご寄付を以下の通りお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------------
■ご寄付額:任意。
■お振込先:下記の(1)か(2)か(3)で。
※お振込みのときは、CFF事務局にその旨をご一報ください。
 info@cffjapan.org まで。
(1)郵便局(ゆうちょ銀行):振替用紙に以下を記入して振込。
 郵便振替 00510-1-2968 特定非営利活動法人CFF
 *通信欄に必ず「被災地支援」と入れてください。

(2)銀行(コンビニATMからでも):下記を入力して振込。
 三井住友銀行 小手指(こてさし)支店 普通 6589410
 特定非営利活動法人 ケアリングフォー ザ フューチャー ファンデーション ジャパン
 *名前の前に必ず「被災地支援」と入れてください。

(3)ネットでクレジット決算
  http://www.canpan.biz/products/detail.php?product_id=345
  にアクセスしてページの指示に従ってください。
 *団体へのメッセージ・連絡に必ず「被災地支援」と入れてください。
--------------------------------------------------------------------------
なお支援金の使いみちは以下のような用途で使わせていただきます。
・被災地訪問や被災地での活動において必要な物資・用具の購入
・被災地訪問時に子どもたちと使う遊具・絵本の購入
・支援対象者や活動するボランティアの食事や宿泊、移動に掛かる費用

みなさんの思い必ず被災地にお届けいたします。

被災地にはテレビや新聞で目にする以上に様々なニーズがたくさんあると言われています。
家、学校、幼稚園、老人ホームの清掃活動に人手が足りていないそうです。
避難所の子どもたちは遊ぶこともゆるされず、さわぐこともゆるされず、
静かにしていることしかできないそうです。いつ終わるかもわからない避難所生活。
災害を目の前にし心に傷を抱えた子どもたちがいるそうです。
心の傷は時間がたてばたつほど深いものになっていきます。
何百人もの災害孤児が生まれようとしています。

いまも様々な場所でたくさんの力が必要だと言われいます。

そんな状況だからこそ、CFFは行動を起こします!
そのためにたくさんの力が必要です。みなさんの力をぜひ貸してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)